会社沿革

創業明示二十年、伝統の技術が作りだす庭園

明治20年4月、初代社長、高橋泰助により当社は産声をあげました。戦後の激動期を経て、昭和42年3代目社長高橋和平により、(有)泰山園に変名。
そして、平成11年3月、お客様に支えられ、育まれ、現在の株式会社泰山園と至っております。

明治20年 植木生産販売会社を設立。商号を泰山園と命名する。
昭和5年 造園工事業を始める。(役所・軍事・一般造園工事に従事する。)
昭和42年 資本金50万円で、「有限会社 泰山園(たいざんえん)」と改める。
代表取締役に高橋和平(現社長の祖父)が就任。
昭和60年 資本金額を1,000万円に増額する。
平成元年 4月1日に代表取締役を高橋譲氏が就任。
平成10年 不動産業を、定款に追加記載。
平成11年 12月に資本金額を2,000万に増額する。
「株式会社泰山園(たいさんえん)」と改める。
平成23年 4月1日に代表取締役を高橋卓氏が就任。