庭師ブログ

上野ボタン園‐庭園改修工事!!


ご無沙汰しております!!
寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?!

さて、3週間程にわたり上野東照宮で庭園改良工事を行っていたので紹介したいと思います!!


・・・正確には、東照宮の敷地内にある、ボタン園の庭園改良工事です(笑)





上の写真がbfore です。

右奥に見えるのが重要文化財の五重の塔、
壁の奥に見えるのが同じく重要文化財の灯篭です!!

背景にこれ以上にないロケーションがそろっている場所でした。
丁度、写真を撮っている場所に茶屋が出来、そこからの眺めが一番よくなるように創りあがりました。



施工中の写真です。
流れの自然石は木曽石を使用しました!!

10t程の自然石をボタン園の長い通路から搬入したので、大変でした、、、
この時点で想像以上の迫力だ!!と施主さんからは賞賛いただきました。




右上に見えるボタン3本は50年ものの貴重な品種で、大きな花が咲くそうです。
花芽も大きなものが付いてました!!
ボタンを植栽するときには、ボタン専門の方が来られて、しっかりとした土壌改良を行いました。
きっと正月にはきれいで大きなボタンの花が咲くと思います!!

海の部分には伊勢砂利を使用し、画像ではわかりませんが砂紋が描かれています""
さらに、写真には写っていませんが、手前の通路部分も砂利の洗出しを行い、海が続いている様子が
想像できます・・・

手前の竹垣は人留め柵として、金閣寺垣を造りました。




さて、皆さんそり橋の上にあるシュロ縄が巻いてある石は何かご存知でしょうか?!

この石は関守石というものです!!
茶道の作法において、この石が置かれた場合、「これより中に入ることは遠慮されたし」の意
味があり、これから先、客の出入りを遠慮してもらうための印として関守の役をもたせたために
この名がついています。

ここまで、長くなってしまいましたが、是非ボタン園行きたくなるようなものが出ますでしょうか?!
きっと、このブログを見ていただいた方は、初詣がてらボタン園を訪れてくれることでしょう!!(笑)


PS、
上野東照宮に行ったことがある方は多いと思いますが、東照宮の写真も載せさせてもらいます、、





こんなにたくさんの巨大な灯篭が並ぶと圧巻ですね!!

庭園の写真のバックに見えていた灯篭がこの巨大灯篭です。
搬入時にこれだけは壊すな!!
と釘を刺されていました、、

無事、事故もなく完成に至りましたので、是非機会があったら足を運んでみてください。。

長くなりましたので、今日はこの辺で失礼します~!!